テレマーケティング比較ドットコム > テレアポ代行について > アウトバウンド業務について

アウトバウンドとは、発信業務ともいわれ、企業から顧客へ情報を発信する仕組みです。

アウトバウンドはこんなニーズのある人が導入しています
・新たな顧客の開拓をしたい
・そのために法人顧客の担当者・電話番号を聞きだしたい
・開催するセミナーに顧客を呼びたい
・顧客から当社のイメージを聞き取りたい
・リコールの告知をしなければならなくなった

アウトバウンド業務を導入することで、貴社が求める成果を出すことが可能になります。ではアウトバウンド業務にはどんなメリットがあるのでしょうか。

①電話を通して顧客と直接やり取りができる。
例えば、貴社がセミナーを開催することになり顧客を集めたいと考えたとき、どのように周知するでしょうか。
DMを使えば対象先に対してまとめて配送することができ、手間もさほどかかりませんが、それだけで集客できるかといえば不十分だと思われます。
自宅にDMが届いても、ちゃんと読まず放置してしまう人も多いのではないでしょうか。
そこで、顧客の家にDMが届いた頃、アウトバウンド、つまりフォローコールをすれば、顧客へ効果的にアプローチをかけることができるでしょう。
そこでやり取りをすることによって、会話から顧客ニーズの発掘をするなどDMを送っただけではわからない情報を得ることも可能です。

②効率的に多くの顧客と話せる。
例えば、貴社で営業を強化させ新規開拓に力を入れたいと考えたとします。
貴社の商品・サービスを売り込むためには、まず顧客に商材の説明をする必要があります。
しかし顧客と話をするために訪問営業をしていたのでは、移動に時間がかかり効率が良いとは言えません。
アウトバウンドを活用し、顧客と電話でやり取りをすることにより、その人が貴社の商品やサービスに興味を持つかどうかを計ることができます。
アポイントに繋がってからお会いすれば成約に結びつく確率が高まると言えるでしょう。

しかし、ノウハウがない中で一から業務を導入しようとすると、成果を出すまでに時間がかかってしまう恐れがあります。
そこで、ノウハウがしっかりと整った代行会社へ委託することにより、より早く成果を享受することが可能です。
また、アウトバンドを専門に行なっている代行会社には、BtoBを専門にしている会社や、IT業に特化している会社など様々です。
そのため、貴社が求める成果に合わせて適切な選択をすることが重要になります。

Copyright © テレマーケティング比較ドットコム All Right Reserved.